2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« HIIA-F20は... | トップページ | 四月一日ですがホントの話らしい”福岡県警に「手りゅう弾110番」” »

2012/02/22

中華Androidタブレット HAIPAD M9 ver2.3.5のrootをとる

 所謂、中華PADのひとつ、”HAIPAD M9”。去年ドキドキ堂にて購入。(<-どこに行ったドキドキ堂!!)

 ディスプレイの質とかメモリ容量とかロゴが無いとか、細かいことを言わなければ割としっかりした作りで、思いの外、使える。何のかんのと言われても実際にカタチにしてしまう者がやっぱり強いよ。GPSもきっちり動作したよ。屋外だと周囲が明るすぎてディスプレイが見えないというオチがあったりするけどね。

 元々のOSはAndroid ver2.2(Froyo)だったが、2012/01/05にOSのアップデートHAIPAD M9  ANDROID 2.3 1220 (ver2.3.5 gingerbread)がリリースされたのでさっそくインストールしてみた。
 マーケットもちゃんと使えるし、遅くなるといったこともなさそう。ただ、rootがとれない。visionary,gingerbreakもだめ。

 唯一Universal root for Rena3 (ファイル名:Universal_qRoot_Rena3.rar)でrootが取れるみたい。詳細は下記リンク(たぶん、同じ人が書いている?)を参照のこと。

 [HACK][TOOL] Universal root for Rena3
 Rooting the Rena 3

 操作としては、さらのSDカードの / にファイルの中身を展開し、"+"ボタンを押したままpower onする(<-systemのアップデートの操作と同じ)と、暫くして"Well done. Root complete."のメッセージが出たら再起動する。海賊マークのSuperuserが見えるはず。

 端末からsuが効くし、Titanium Backup ★ rootも起動するみたい。
但し、以上のこと以外は試していないので、試すなら自己責任で。当方、何が起きても責任は持てません。

R0013203_2

R0013200 ついでに殻割してみた。バッテリー下、左からWiFiアンテナ、振動モーター、スピーカー、バッテリー左側面下、GPSアンテナ、らしい。

« HIIA-F20は... | トップページ | 四月一日ですがホントの話らしい”福岡県警に「手りゅう弾110番」” »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

linux」カテゴリの記事

エレクトロニクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華Androidタブレット HAIPAD M9 ver2.3.5のrootをとる:

« HIIA-F20は... | トップページ | 四月一日ですがホントの話らしい”福岡県警に「手りゅう弾110番」” »

アフィリエイト

リンク

リンク3

  • livecam

写真:生目

  • 10号墳

    宮崎市北西部に位置する生目古墳群の写真を集めました。 なおcocologでは1MB以上のファイルがダウンロードできませんので生データが必要な下記のリンクへどうぞ。
            ikime0704