2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 死闘! Windows10 October 2018 Update Ver.1809 | トップページ | イプシロン4号機打ち上げ »

2019/01/15

卓上スタンドマイク マイクアンプ、ミュートスイッチ付き

 去年暮れ、大掃除というわけでもないが部品箱をあさっていると、”棒マイク”というものが出てきた。FCZ研究所製のキットで、アルミパイプにコンデンサマイクを入れる、という簡単なものだった。FCZ研究所も今はなく、詳細データも見つからない。一体いつ買ったんだか。
 
 そしてもう一つ、
Okonomihureki
 
 ”おこのみふれき”というもの。昔、取調室で拷問などに使われていた電球のスタンドのパイプ部分だけのもの。押すとぐにゃりと曲がるやつ。
 
 以前作った”LEDイカリング付き ヘルパー レンズ” に組み合わせるつもりだったのだが、レンズが重くて首を傾げたままになるので使わずじまいになっていた。
 
 んで、この二つが組み合わさると当然こうなります。どーん!!
 
Mic1
 
 卓上マイクスタンド。
 
 ちょっと大きかった。フレキが30cmもあるので台座もアルミダイキャスト製の重めのものになった。フレキや台座を一回り小さめのものにして、マイクもコンデンサマイク自体をフレキに押し込んでしまえば取り回しが良くなっただろう。ただ、先に述べた製作のきっかけそのものが意味を成さなくなるのだが。
 
 組み合わせただけでは能がないので、マイクアンプとミュートスイッチを仕込んでみた。
Mic2
 
 御覧のように中身はスカスカ。電池はいちいち出し入れしたくないので外側にボックスを張り付けた。(特に最近の乾電池はよく液漏れを起こすような気がする)
 
 回路はこんな感じ。
Mic
 スイッチを押すとLEDが点灯してマイクが動作する。回路図中LEDは2個あるが、スイッチが2接点(押すとオフになる接点)があるときはスイッチ側だけ、1接点しかない時はトランジスタがある側だけ使えばよい。
 
 これ、基板起こしたら、使う人...いないか。
 

« 死闘! Windows10 October 2018 Update Ver.1809 | トップページ | イプシロン4号機打ち上げ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

エレクトロニクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓上スタンドマイク マイクアンプ、ミュートスイッチ付き:

« 死闘! Windows10 October 2018 Update Ver.1809 | トップページ | イプシロン4号機打ち上げ »

アフィリエイト

リンク

リンク3

  • livecam

写真:生目

  • 10号墳

    宮崎市北西部に位置する生目古墳群の写真を集めました。 なおcocologでは1MB以上のファイルがダウンロードできませんので生データが必要な下記のリンクへどうぞ。
            ikime0704