2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019/02/11

#例のグラボ RX470mining を改造する

 巷ではマイニング専用のsapphire社グラフィックボード(所謂"#例のグラボ")が 税込6500円という安値で大量に出回っており、これを通常のグラフィックボードとして使えるよう改造するのが流行っているそうな。
Rx4701
 
 やってみることにしました!
まさかと思ったんですが、宮崎にもあったもんですから、つい。元々店頭には3枚ぐらい置いてあったと思ったけど、私が買った時は最後の一枚だった。他にもいるんだ、物好きな人が...
 
 やることは
1.HDMIポートが塞がれているので、見えるようにパネルをカットする。
2.必要なチップ部品を手配する。(約1000円だった)
3.HDMIポートにつながる8本のラインに抵抗、コンデンサなど実装する。
 の3つだけなので、何とかなるだろうと思った、その時は。
 
 内容はネットに山ほど先人の記録があるので書きません。以下を参照しましょう。
 
マイニング専用グラボをゲームに転用してみる (+その他活用方法)
マイニング専用RX470の隠されたHDMIを使用できるようにする。
 
みなさんありがとう。というかお疲れ様でした。
 
 パネル加工はハンドニブラを使って難なく終了。
HDMIポートの部品実装1mmx0.5mmのチップ部品8ラインx4個(ライン1本あたり)で32個。
これがいや~~大変だった。
ハンダが乗らない、ブリッジする、部品が飛んで行方不明になる、集中しすぎて目頭とかこめかみが痛くなる、息が詰まる...
ハンダごてのこて先を極細に変え、実態顕微鏡まで引っ張り出してと、持てる道具総動員で、結局、まるまる半日かかった。これは修行だ。もうヤダ。宮崎のパソコン工房で買ってった方々、うまくできましたか?
Rx4702
 
 疲れた。
けどマシンのグラボを換装し、ちゃんと動作したときはホッとした。
グラボによっては即動作しないものもあると聞いていたが特に何もしなくても動作してくれました。あとはドライバーを当てて、一応マザボにCMOSクリアかけておいた方がいいようです。
 
 さて、このグラボは上位機種のRX580のファームウエアが使えるとか。
ファンコントロールが有効になり、静音化、さらに少しだけ高速化できるという。
 
 
 ところが、家のボードではうまくいきませんでした。wattmanがエラーしてどうとか、数時間ぐらい動作したと思ったらブルースクリーン起こして再起動したりとか。この操作には個体差がある様子。
結局、元のファームウエアに戻すことにした。今は機嫌よく動いてくれています。
 
 本来はベンチマーク等試すところであろうが、ゲーマーでもないし、前のグラボGTX750Tiに比べれば性能は段違いだから、特に評価はしない。でも、裏でSeti@HOMEが動作してグラボを使っていてもvlcとかYouTubeなどの動画表示が引っかかるようなことはなくなったし、mp4エンコード用のソフトも処理時間が短くなっているようで、満足。
おかげさまで今まで自作した中で一番の高速マシンとなりました。
 
 
PS:うちのメインマシンは去年AMD Ryzen5 1600に乗り換えたんですが、これが”バルク”の中古品なんです。本来ならクーラーがついてるはずなんですが。当然箱もなし。帯電袋に入れられて、プチプチにくるまれて送られてきました。
CPUの出自といい、マイニングくずれのグラボといい、怪しさ満点ですわ。
 

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

アフィリエイト

リンク

リンク3

  • livecam

写真:生目

  • 10号墳

    宮崎市北西部に位置する生目古墳群の写真を集めました。 なおcocologでは1MB以上のファイルがダウンロードできませんので生データが必要な下記のリンクへどうぞ。
            ikime0704