2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2010/04/09

「学校給食に異変!給食にお茶ってどうよ」

「学校給食に異変!給食にお茶ってどうよ」
アレルギーのため等の理由で牛乳を敬遠する人が増えてるそうです。

 

昔は給食と言えば「パンに牛乳」だったから違和感はなかったけど、中学で弁当になった時、牛乳やらオレンジジュースが配られたのには違和感があったな。だって、「ご飯にはお茶」でしょうよ、普通。

 今は学校給食でも御飯が出るでしょ?まさか、牛乳が出てくるの?だったら勘弁してほしいなぁ。
モノには、特に食べ物には取り合わせという物があるでしょ。チーズにワイン、ビールに枝豆(ちょっと違うか...)。民族の文化、風土に合わせて最適な組み合わせが作られてきたのに無視してないか?味覚障害とかマヨラーの増殖とか元凶は給食、即ち食育(<-IMEの辞書に登録されてないぞ)を標榜する学校や栄養学のエライ方々そのものじゃないの?栄養素の数値だけで議論するなら流動食でいいよ。毎日毎日、何某製薬謹製 ちょー完全栄養食○×メートみたいなので。食器も調理室も人件費もいらない。給食時間5分。食に快楽を求めるなど人類の堕落、神への冒涜。次の事業仕分けのターゲットは学校給食だ!うん、そうしよう!

 だいたい、子供に牛乳は必須だという議論はほんとうなのか?
 牛乳が一般的でない時代、極端な話全くなかった江戸時代の子供たちはみな、不健康だったのだろうか?牛乳を飲むとお腹を壊すから飲めないという人の話は良く聞くし(私もそう)、100%無害、完全無欠と言い切れる食材などないはず。日本人が牛乳を飲まなかったのは肉食を嫌う仏教の影響以外に、そもそも体質に合わず「飲めなかった」のではないのか。アレルギー体質の人が増えたのは、飲めないものを無理に飲ませ続けたせいでは、と考えるのは素人考えですかね。

 あれですよ、学校給食で牛乳が敬遠されると、酪農家が困るんですって。
生徒さんは酪農家の食いぶちのために牛乳飲まされてるんですね。
おっと、お茶農家のみなさんは?不当に排除されてませんか?
お茶農家のみなさん、米飯給食にはお茶ですよ!いまこそ給食にお茶!で消費拡大を図りましょう!
がんばれ、お茶!
オチャwwww!
(ひっどい〆だなー)

2009/05/03

おそるべし\1000高速乗り放題

 たまたま、宮崎市内の瀬頭というところを通りかかったんです。
普段なら何のこともなく通り過ぎる交差点なんですが、なぜか渋滞が起きている。何だろうと思いつつ進んでいくと、渋滞の先は「レストラン 味のおぐら 瀬頭店」。まさかと思って並んでいる車のナンバープレートを確認すると、鹿児島、熊本、大分、果ては広島、三河(だったかな?)ナンバーまでいる。おいおいおいおいおい...。

 どうやらお目当ては「チキン南蛮」らしい。
 この店は鳥胸肉のフライを甘酢にくぐらせたうえにタルタルソースをたっぷりかける、スタンダードな「チキン南蛮」の元祖(本店は少し離れた山形屋百貨店裏の路地にあるので車は入れない)。昨今の宮崎ブーム、東国原効果で知れ渡ったらしい。それにしてもわざわざ宮崎くんだりまで食べにくるかねぇ、高速飛ばして。そんなに大きな店じゃない、駐車場なんて無理して10台止まれるか止まれないかぐらいしかないし。お店も想定外の事態だったんじゃないか?
 おそるべしGW+\1000高速乗り放題。

広告:

宮崎元祖おぐら チキン南蛮(2人前) 宮崎元祖おぐら チキン南蛮(2人前)
販売元:九州まるごとステーション
九州まるごとステーションで詳細を確認する

2009/04/07

いちおしは青島ういろう

コネタマ参加中: あなたの“ふるさと自慢”をひとつ!

 マンゴー生キャラメル、チーズ饅頭など、メジャーになりつつある宮崎名物も増えてきましたが、私としては宮崎、日南海岸、青島名物 「青島ういろう」を推したい。
Imgp1002

 何でも明治初め頃に地元のおサトさんという旅館の女将さんが作ったのが始まりとかで、以来、青島詣での土産として親しまれている。いま作っているのは、青島周辺の十数軒の土産物屋だけというレアものである。

Imgp1005

 中身は米粉に砂糖を練りこんで作った蒸し餅のようなもの。最近はイチゴ味やら、抹茶味やらいろいろあるようだが、基本は白糖と黒糖。控え目な甘さと、ねばりつく触感がうまい。しかも、未だ、経木(スギ、ヒノキ等を極薄にスライスしたもの)を使っていて、木の香りがほんのりと漂う。最近ビニールパッケージの物もあるようだが、これはいただけない。木の香もないし、水気が飛ばないので、ただべたべたして味もいまいちのような気がする。経木に包まれた白黒の素朴なういろう、これが伝統の味、基本形である。
 青島周辺の土産物屋、道の駅等で売っている。御寄りの際はお試しを。

宮崎マンゴー生キャラメル

R0010917  

 道の駅フェニックスに売っていた宮崎マンゴー生キャラメルです。

 マンゴー生キャラメルと言えば最近、宮崎県内のメーカーが”あの花畑牧場”からライセンスを得て生産を始めたことで有名になりました。知事<->花畑牧場社長、芸能人つながりってやつ、ですね。
 で、私も話題のそれかな?と思って買ったのですが、どうも違うらしい。調べてみると花畑牧場ライセンス品より前から複数のメーカーがマンゴー生キャラメルを生産しているらしい。買ってきたのもそのうちの一つと言う事のよう。話題の生キャラメルに話題の宮崎産マンゴーを組み合わせるのは当然の組み合わせではあるが、どれも似たような意匠(缶ゝに宮崎産マンゴーのラベル)と値段で、まぎらわしい。しかも東国原シールまで貼ってある(注:県も知事も、このようなシールの使用について、現時点では特に許可や、規制を設けていない)。大丈夫か?

 まあ、オリジナルの北海道生キャラメルでも「こっちの方がおいしい」という品はたくさんあるようなので、あとは自分で試してみるということで、以下、”花畑牧場ライセンス品でない”道の駅フェニックスに売っていた宮崎マンゴー生キャラメルとしての感想。
 まず、柔らかい。指で押さえるとふにゃっと潰れてしまう。要冷蔵と書かれているのもうなづける(缶の中には保冷剤まで入っている)。これからの季節、車の車内に置いてたりしたら確実に原形が失われるであろう。
 食べた感触は確かになめらか。キャラメルのように歯につくという事もなく溶けていく感じ。確かにマンゴーの風味、ただそんなに強烈にうまいという感じではない。だいたい、マスコミでうまいうまいと取り上げるもんだから、相当美味しい、はず、というバイアスがかかっていた。その状態で食べると、こんなもん?という感想になるが、冷静になれば、ふつーにうまい、かな。「名物にうまいものなし」という言葉があるが、名物=かなりうまいものである、という思い込みがあるので割り引いて考えろ、という戒めかも知れない、と思ったりする。
 食感が軽いので10個ぐらいすぐ食べてしまう。ちょっと物足りない。あと、マンゴー特有の繊維質な感じがあればいいと思うのだけれど、難しいか?

 ともあれ、宮崎名物が増えたのは喜ばしい。あとは粗製乱造の業者が荒らしたりしないよう、しっかり守り育てたいところだ。まずは缶を開けた時のマンゴーの香りをご堪能あれ。

10粒入り¥840(税込) ...です。お値段相当かどうかは...

広告:

【送料無料】宮崎マンゴー贅沢セット宮崎からの極上産地直送!今年も激ウマ宮崎完熟マンゴーとマンゴー生キャラメルをセットにしてお届け致します♪コチラの商品は5月下旬頃のお届けとなります 【送料無料】宮崎マンゴー贅沢セット宮崎からの極上産地直送!今年も激ウマ宮崎完熟マンゴーとマンゴー生キャラメルをセットにしてお届け致します♪コチラの商品は5月下旬頃のお届けとなります

販売元:自然の都【タマチャンショップ】
楽天市場で詳細を確認する


たまゆら温泉 宮崎観光ホテル たまゆら温泉 宮崎観光ホテル

地域:宮崎市内
特色:宮崎市中心に位置し、観光・ビジネスの拠点として非常に便利です。
楽天トラベルで詳細を確認する


2009/03/10

ミカエル堂謹製 ”元祖”ジャリパン

R0010803s











 近所のスーパーにあったので懐かしくて買ってきた、ジャリパン。

 学生の頃、昼飯時の学校の購買部なんかに売っていた。今でもあるのかな?主に宮崎市内の官公庁向けに卸しているらしく、スーパーなどの店頭で見かけるのは珍しい。小ぶりのコッペパン(18x5cm位)にバター+マーガリン+グラニュ―糖のクリームがはさんである。グラニュ―糖が粒のまま入っているので触感がジャリジャリする、で、ジャリパン。官公庁向けだけにパッケージもシンプルそのもの。ただ、昔は”ジャリパン”のロゴは入っていなかったと思うが、気のせいか?なんせ30年前の記憶なもんで。クリームも、もっと甘かったような気がするし。

 このパン同様の物が最近はコンビニでも売られている(地域限定かもしれない)のであるが、どうやら、この”ミカエル堂”のがオリジナルらしい。確かに千葉に住んでいたころ同種の菓子パンは見なかった。昨今の宮崎ブームでメジャーになるか?でも、ジャリパンと言えば”ミカエル堂”のこれ!!税込¥95!

2007/09/04

愛のスコール~ マンゴー果汁入り

”愛のスコール~”のその2.マンゴー入りですな。
「マンゴーよりお手軽なB級グルメ」と紹介しつつも、マンゴーの誘惑には勝てません...な一品です。

Imgp0897
南日本酪農協同(株)謹製 
 マンゴー果汁の味わいに加え、若干のねっとり感がマンゴーらしさを強調しています。オリジナルより更にまろやかな味わいです。

 近所のスーパーには売ってたけど、コンビニでは見ないなあ。見つかったら珍しいの、これ?そう言うわけでもない?

 それにしても昨今のマンゴー人気は異常です。一玉壱万円?食えないって、それじゃ。収まるまではこれでいきますか。

 ちなみに写真の背景は日向灘です。この向こうが太平洋で、その先では自衛隊と米軍のF-15が演習やってたりするわけです。

-広告-
南日本酪農 【スコール マンゴー】P500 24本いり1ケース
デーリィ スコールマンゴー500mlPET×24本入
【南日本酪農】スコール P1.5 1ケース(8入)
デーリィ 愛のスコール500ml PET×24本入
デーリィ 愛のスコール1.5LPET×8本入

2007/07/30

蜂楽饅頭

 宮崎のB級グルメその2ですかね。
 蜂楽饅頭です。http://www.houraku.co.jp/
白あん、黒あんの2種類しかなく1個84円(税込み)。
Hm1

 これ、元々は熊本が起源のようですが、今は九州各地に出店があり、もはや九州の味、ですな。

 所謂、大判焼き、今川焼きですが、あんに蜂蜜が練りこんであって上品な甘さの一品です。

Hm2
 うまく撮れてない...。でも、皮の薄さ、あんこたっぷりなのは分かるでしょう。子供の頃と変わらぬおいしさなのがうれしい。

 宮崎店は宮崎市若草通りのどん詰まりにあります。休日は多少並んでますが、次々に焼けていくので、むちゃくちゃまたされるなどということはないでしょう。
 九州にきたら一度ご賞味あれ。

2007/07/11

愛のスコール~

巷では東国原効果もあって宮崎といえば地鶏にマンゴーということになっているが、私としてはこちらを押したい。

Imgp0856
南日本酪農協同(株)謹製 スコール ホワイト
”ホワイト”が付くのが正しいようで。
 乳性炭酸飲料、つまりカルピスの炭酸割りみたいなもんで。
->それはカルピスソーダだろと言われそうですが、作られたのはこちらが先(昭和47、カルピスソーダは昭和48)。
また、スコールの方は蜂蜜が入っていて、よりまろやかでこくのある味に仕上がっております。

 今は販路が広がって、宮崎の味というよりは九州の味というところでしょうか。それでも首都圏ではお目にかかる機会が少なかったですねえ。たまたま見つけたときには、「そうか、こちらでは売ってなかったのか」とその時になって気づかされたものです。
 マンゴーより、地鶏より格段にお安くお手軽な宮崎の味、一度ご賞味あれ。

(”愛のスコール~”はかつてのCMのキャッチコピーです)

-広告-
南日本酪農 【スコール マンゴー】P500 24本いり1ケース
【南日本酪農】スコール P1.5 1ケース(8入)
デーリィ 愛のスコール500ml PET×24本入
デーリィ 愛のスコール1.5LPET×8本入

アフィリエイト

リンク

リンク3

  • livecam

写真:生目

  • 10号墳

    宮崎市北西部に位置する生目古墳群の写真を集めました。 なおcocologでは1MB以上のファイルがダウンロードできませんので生データが必要な下記のリンクへどうぞ。
            ikime0704