2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

エンジン

2007/03/07

エンジンついでに

ググっていたらこんなものを見つけました。
  ジェットエンジン(模型用)!!
あるんだ~、こういうの。
(テロリストに渡ったら、巡航ミサイルが作れるかも)

フェラーリラジコンカーのエンジン

Deagostiniさんの「週刊フェラーリ ラジコンカー」で使われている京商GX-15エンジンです。アルミ板材で台座を作って組み付けてみました。見栄えしますでしょうか。

Imgp0715










 この本(?)のシリーズは付属のパーツでラジコンを少しずつ組み上げていくのですが、エンジンまでもがバラバラの状態で配布されるという、画期的な(恐れ知らずの)企画です。
 エンジンだけだと5,9,16,17,18,19,21号の7巻、約3か月分で漸く完成です。1巻¥1,390ですから締めて¥9,730、完成済み市販品は定価\11,500だから、店頭販売価格と同じくらい?上記の写真では更にフライホイール(6号)、クラッチ(12,13号)、グロープラグ(20号)も組み込んであります。
 一応、書籍ですから、読み物も付いて来ます。内容は、まあ...。

 組み立て自体は説明も事細かに(もう、いいっちゅうくらいに)されていますので難しいものではありません。ただ、最後の最後、ピストンとシリンダーライナー(燃焼室にあたる部分)の勘合具合が極めてタイトです。そのまま組み込むと全く動かせないくらいです。

Imgp0716
金色の部分がシリンダライナー。
ピストンが下がった状態だとこうですが...







Imgp0717

 何もしていない、組んだままの状態では、ピストンを上げていくと、シリンダライナーがこんなに浮き上がってしまう。





 これは不良品か!と思ったのですが、掲示板の情報によると、これで正常なのだそうです。気密性を保持するため、精密に磨り合わせてあるせいらしい。メンテナンスオイルを注して何度か回してやると馴染んで動くようになるとのこと。
 取急ぎ”エンジンメンテナンスオイル”なるもの(組立ての解説には”アフターランオイル”と書かれている)を注文。届いたオイルをライナー内部に垂らしてやると、おお、確かに動くようになりましたよ。模型用と言えども、エンジンはエンジン、精密機械だったんですね。エンジニアは偉い!オイルもえらい!もの作りニッポンバンザイ!!(これ日本製、ですよね?...)

Imgp0722

<-ちなみにエンジンメンテナンスオイルです。

(株)エイチ.ピー.アイ.ジャパン
#9083HPIエンジンメンテナンスオイル







 で、私の、このシリーズの今後の製作予定ですが、
              ”ありません”
 エンジンだけ作ってみたかったんです、すいません。強いて言えば、燃料タンクにギアくらいは買うかも。

 でもそういう人、結構いると思うんですよ。
 そこでデアゴスティーニさん、今度は”エンジンを作る”といったシリーズを企画してみてはいかがでしょうか。エンジン(そのものor模型)を組み立てるのはもちろんのこと、エンジンの歴史、構造、関わるエンジニアのスピリットなど、書籍としてかなり深く読み応えのものができると思いますよ。ぜひ御一考を。

京商 607011トルネード アフターランオイル

2006/08/29

スターリングエンジン(3)

大人の科学マガジン Vol.10 (10)のスターリングエンジンを組み立ててみました。
 お湯を入れたカップに乗せるだけで動作します。お湯と外気温との温度差が動力源です。
 以前紹介したα型スターリングエンジンとは形が違いますが、シリンダ(ここではマグカップに乗っかっている透明なプラスチックの筒)の内部の空気が加熱側(マグカップのお湯)と放熱側(上部側)との間を行き来するという構造であることは同じです。ただ、ここで見えているピストンは空気を上(加熱側)か下(放熱側)かに移動させるためだけのもので、直接動力を生み出しているのは、上面にあるクランクのつながったベローズ(白いゴムの膜)のほうです。
 空気が加熱側にある(ピストンが上にある)とき、空気は膨張しベローズが膨らみ、放熱側にある(ピストンが下にある)ときは、空気が収縮してベローズは縮みます。この時のベローズの上下動をクランクで回転運動に変えます。
 温度差が重要ですから上面の放熱を良くしてやると、もっと回るようになります。ここではアルミのブロックをおいてみました。少し回転数が上がってくれます。

 組み立てるときはシリンダ上下の黒い金属板の蓋をアクリルの筒にタッピングビスで止めるのですが、強く締めすぎると、アクリルがひび割れて止められなくなります。加減したほうがよさそうです。また、ピストンが斜めになったりすると、側面や上下にあたって動きを妨げますので、十分調整してください。

 非力ですが気持ちよく回ってくれます。回転数は下がりますが、40分ぐらい回っていました。

2006/08/16

蒸気エンジン

大人の科学マガジン Vol.7 (7)の蒸気エンジンです。
うまくまわすコツは燃料(アルコール)と水量を説明書どおりにすること。
また、動作させると、周囲にお湯が跳ねるので御注意を。

Jyoukie 蒸気エンジン(動画)

2006/08/11

スターリングエンジン(2)

前出のスターリングエンジンの構造概略

P5100002 シリンダーにはガラス製の注射器(シリンジ)を使っている。
フライホールはアクリルの円盤。クランクはタミヤの模型用部品。
クランク、フライホイールを接続するシャフトはミニ4駆に使うボールベアリングを介して木枠に固定。

P5100004_1

左が加熱側シリンダ。
右が放熱側シリンダ。




覚書を少々。

  1. 購入直後のガラス製注射器は内部に油が塗布されているので、洗って、よく乾かすこと。
  2. 加熱する側のシリンダーには油をささないこと。焼け付いてしまうから。放熱側には粘性の低いオイル(CRC-556)をさしてみた。ただ、時間が経つと粘り気が出て摩擦が大きくなるので、時々分解して掃除する必要がある。
  3. シリンダーの固定には水道管の留め金具を使った。強く締めると、ピストンが動かなくなるので、シリンダが動かない程度に軽く固定する。
  4. 2本のシリンダの間は加熱側にアルミパイプ、放熱側にシリコンチューブを使った。加熱側に直接シリコンチューブを使うと焼けてしまう。アルミパイプだけだと加工が難しいし、シリンジの接続部(本来なら針がつくところ)を折ってしまう。
  5. 加熱することにより、シリンジが少しずつ変形し動きが悪くなる。時々交換する必要がある。加熱部分だけでも金属で覆うような構造にした方がよい。

2006/08/10

スターリングエンジン

スターリングエンジン製作マニュアル(松尾政弘編 誠文堂新光社刊)を参考に
α型スターリングエンジンを作成しました。
結構いい加減に作ったんで、動かんだろうなと思ってたんですが、ほんとに動いた!。

仕組みは、つながっている2本のシリンダの一方を加熱、一方を放熱し、
内部の作動流体を交互に行き来させて、その膨張収縮をクランクで回転運動
に変えるというもの。

シリンダはガラス製の注射器、フライホイールはアクリル製の丸板、クランクはタミヤの模型用パーツを使用しています。
熱源はアルコールランプです。

(残念なことに引越しの際、現物は捨ててしまいました)

スターリングエンジン製作マニュアル―誰でも作れる本格的な手作りエンジン スターリングエンジン製作マニュアル―誰でも作れる本格的な手作りエンジン

販売元:誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アフィリエイト

リンク

リンク3

  • livecam

写真:生目

  • 10号墳

    宮崎市北西部に位置する生目古墳群の写真を集めました。 なおcocologでは1MB以上のファイルがダウンロードできませんので生データが必要な下記のリンクへどうぞ。
            ikime0704